昭和15年6月3日
裁ち鋏職人、初代正次郎の長男として東京下町に生れる。洋一郎の名は祖父初代長太郎が命名したときく。
昭和31年4月
東京都立工芸高等学校金属過程に入学する。
学生時代に彫金、板金、鋳金、渡金、機械等の実習とデザイン、製図等実技を学ぶ。
昭和34年4月
父正次郎の許に入門。
昭和37年
母の郷里千葉県成田市に移る。
昭和64年4月
父 正次郎より会社を受け継ぐと共に、今までの裁鋏一筋から、刃物鍛冶の伝統を守るために「有限会社 正次郎鋏刃物工芸」と改める。
平成 2年4月
千葉県広報協会発行の『千葉県通信』表紙に掲載される。
平成 2年7月
千葉県広報協会発行の『ニューライフちば』の「受けつがれる伝統技術」欄にて紹介される。
平成 3年
千葉県指定「伝統的工芸品」に認定される。
平成 4年5月
「サライ」(小学館)限定商品を探す「手技の達人」欄にて紹介される。
平成 6年1月7日
日本テレビ「ズームイン朝の「こだわりの一品」の生中継が開始となり放映第1号となる。
平成 7年9月
成田市発行の『コミュニティ成田9月号』の「人間探訪 生きる」欄にて紹介される。
平成 8年10月
NHKきょうの料理「男の食彩」最初の頁(食を彩る)欄にて紹介される。
平成 9年正月
JR東日本企画「トランヴェール」誌(新幹線の車内誌)のレールウィイ・ドキュメント欄にて紹介される。
平成15年2月
『ナイフマガジン』の「日本の刃物」欄にて紹介される。
平成15年
科学技術進行事業団委託に基づく記録映画
『匠の息吹を伝える~絶えることなき技術の伝承』
平成21年
正次郎 六代目 石塚祥二朗(36歳)は千葉県指定伝統的工芸品認定される
平成21年
日本ものづくり技術 千葉県鎌ヶ谷西高等学校3年生指導する
平成22年
東京新聞に正次郎刃物工芸 六代目 石塚正次郎として掲載される
▲ Back to Top